FXCMジャパン証券[MT4]|はじめてのFXシストレ!誰でも簡単に始められるシステムトレード

はじめてのFXシストレ!
はじめてのFXシストレ > シストレ対応のFX口座 > FXCMジャパン証券

FXCMジャパン証券のシステムトレード【MT4】

他社とは違う進化したMT4!「FXCM MT4」

[ FXCM MT4 ] の特徴

  • NDD方式とMXCM MT4の抜群の組み合わせ
  • 魅力的なスプレッド
  • 進化した各種機能


NDD方式とFXCM MT4の抜群の組み合わせ

◆FXCM MT4ならEAの使用制限はありません

FXCMではNDD方式を採用しているので、お客様からの注文はダイレクトにインターバンクへ渡されます。 そのため、EAの使用制限がありません。何度もエントリーを繰り返すスキャルピング戦略などのEA のご利用も大歓迎です。


◆NDDとは

NDD方式では一般の相対モデルとは異なり、全ての注文がディーリングデスクを介さずにインターバンク直結で瞬時に完全自動カバーされるため、公平性の高い取引環境を提供しております。


◆お客様の利益を求めて
NDD方式を採用するFXCMジャパン証券ではスプレッドの一部からのみ収益を得ています。

一般の相対取引モデルとは違い、お客様との利益相反は発生しません。当社はお客様が利益を獲得し、お客様と共に成長していくことを最優先に考えます。


魅力的なスプレッド

FXCM では、MT4 口座でも魅力的なレートを提示しています。
FXCM が提供する為替レートは、ニューヨーク証券取引所 (NYSE) のトレーディングフロアーで採用され、世界のトレーダーが注目する信頼性の高い為替レートです。


進化した各種機能

FXCM MT4 にバージョンアップしたことにより、以下の機能が新たに追加されました。

  • 部分決済が可能
  • ワンクリックトレードが可能
  • If Done注文が設定可能
  • TradingStationでもmt4口座を取引可能

例えば、MT4 でEAを稼働し自動売買、Trading Stationで裁量取引といったプラットフォームの使い分けも可能です。世界的に評価の高い取引システム Trading Station での裁量取引は、MT4 での自動売買とは違った魅力的な操作フィールを提供しています。
また、モバイルアプリ/サイトでも、MT4 のアカウントでログインすることが可能です。レートの確認やポジションの管理にご利用いただけます。



【NDD方式ではインターバンク為替市場をダイレクトに反映しています】

10以上の金融機関がFXCMにプライス・フィード(流動性)を提供しています。弊社のBest Bid/Offer Engine(BBOE)はそれらを束ねた上で最も有利な買値と最も有利な売値を自動的に選択し、最良のスプレッドを生成します。そのうちFXCMは主要通貨ペアの場合、通常両側に約1ピップ程度のマークアップを加え、この部分がFXCMの収益となります。そしてお客様の見る取引末端では最良のスプレッドにマークアップを加えたものが取引可能レートとして表示されます。


用語の詳細説明

※リクォートとは?

リクォートとは約定拒否・約定不可のこと、注文が通らないことを指します。 「リクォートなし」とある場合は、暴落相場であっても約定が安定している取引環境ということになります。


※インターバンクとは?

銀行同士の取引やインターバンク市場のこと。 インターバンク市場は一般の投資家は参加することはできないプロ向けの市場。 インターバンク直結というのは、顧客の注文を直接インターバンクへ流すためレートに業者が介入しないため、レートの透明性が高くて約定しやすいというメリットがあります。


※EA(Expert Advisors)とは?

EAというのは、完全自動売買やバックテスト等等の命令を記述したプログラムのことです。 単独で動くことはできず、何かプラットフォーム上で動作することになります。 例えると、プレイステーション本体がプラットフォーム(MT4やミラートレーダー等)で、ゲームソフトがEAとなり、EAにもプレイステーション用とかwii用というように分かれており別々に扱われます。


※相対取引とは

外国為替(FX)は、「売り手」と「買い手」の当事者同士で、通貨、数量、価格、期日などが一致すれば取引が成立します。 こういう取引のことを「相対取引(あいたいとりひき)」と言います。 実際には個人投資家はFX業者を介して取引するわけで、厳密にはFX業者が個人投資家に代わってインターバンクに全く同じ注文を出しているわけではありません。FX業者にはディーラーがいて、実際の売買を行い、インターバンクのレートに業者の利益分をのせて個人投資家に提示しているのです。これによって、FX業者も個人投資家にも利益が出るように取引しているわけです。インターンバンクのレートは個人投資家からは見えないので、どのFX業者を選ぶかは重要なポイントとなります。


FXCMジャパン証券 MT4

スプレッド
ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
1.1~1.9銭----
手数料通貨ペアレバレッジ取引単位
無料(0円)全39通貨ペア最大約25倍(法人:250倍)1,000通貨
スワップポイントロスカットラインクイック入金取引方法
発生する必要な維持証拠金0以下に
になった時点で自動ロスカット
可能
(11行の金融機関に対応)
パソコン、モバイル

↓口座申込みはコチラ↓
FXCMジャパン証券

▲トップへ戻る